本文へスキップ

介護&予防の新サービスを創発する!

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0985-78-0910

〒880-0125 宮崎市大字広原296-1

研修会案内Seminar

研修会ご案内 2018年

2月17日
日本を代表する理学療法士お二人のコラボ講習会
                        パンフレット
◆講師
脇元 幸一 (わきもと こういち) 医療法人 SEISEN 専務理事
柿崎 藤泰 (かきざき ふじやす) 文京学院大学教授
◆日時
2018年2月17日(土)14:00~19:00(受付13:30)18日(日)9:00~15:00
◆内容
脇元幸一先生には脊柱、柿崎藤泰先生には胸郭をオリジナリティ溢れる理論と実際について
ご講義頂きます。
◆定員 30名(先着順、両日可能な方優先)
◆会場 エマージェンスケア910
◆参加料 17,000円(一日のみ: 10,000円)
◆申し込み方法
メールにて 件名「2月コラボセミナー」①氏名②職種③所属④連絡先⑤懇親会参加の有無
を記載の上、下記アドレスまでお申し込みください。
 研修会事業部 担当 綾塚庸介
電話 0985-78-0910
Fax 0985-78-0911

研修会ご案内 2017年

1月31日
「健康寿命を延ばすための栄養と運動」
                        パンフレット
◆講師
中村 圭太 (なかむら けいた) 理学療法士、NST専門理学療法士
品田 洋輔 (しなだ ようすけ) 株式会社日本ケアサプライ 東鹿児島営業所所長 兼 宮崎ステーション長 ((新しい在宅栄養サポートについて))
◆内容
全職種、ご家族、ご利用者向けのイベント
・ご利用者様、ご家族様 無料 ・お一人様 500円(税込)
(関係居宅事業所 1名まで無料で御招待)
◆お申込み
研修会事業部 担当 綾塚庸介

電話 0985-78-0910
Fax 0985-78-0911
◆協賛
株式会社日本ケアサプライ
弊社で販売している持ち帰り冷凍弁当の試食のご用意をして頂いております。
     
1月19日
「第5回入谷式足底板削らナイト研修会」

日 時 1月19日木曜日18時00分〜20時30分
各職場業務終了後、遅れて参加も可能です。
内 容 ST、1列、楔状骨誘導、果部誘導(単パッド、長パッド)評価、中足骨パッドの評価と削り
*靴底が抜ける靴を持参してください。

早く終われば、基礎レベルの作成と納品時評価調整を致します

定 員 6名以内
受講資格 基礎、中級、上級公式セミナー終了者
会 場 予防理学療法 足底板工房 創 sou
講 師 工藤貴裕
参加費 2200円(材料費込み)
持参物 ハサミ、短パン等の動きやすい格好
申し込み先》

件名 第5回入谷式足底板削りナイト研修会
担当 工藤貴裕

2016年

1月16日~17日
「神経系モビライゼーション」  満員御礼!
                        パンフレット
◆講師
首都大学東京健康福祉学部教授 竹井仁先生
◆内容
神経系は構造的にも生理学的にも連続した経路をなしています。
脊髄や末梢神経などの神経組織も周囲は硬腹や神経周膜などの結合組織に覆われていて、運動に伴い動いており、脊柱や四肢の関節の正常な可動域がなくなれば、神経組織の短縮と機能異常が起こりえます。
神経緊張検査でそのような所見が見出されたならば、施術として神経組織のモビライゼーションが必要になってきます。
今回は臨床にて、どのように神経を取り扱っていくか竹井先生をお招きし詳しくご教授頂きます。必ず参考になる点がたくさんあると思います。是非ご参加ください。
◆日時
1月16日(土) 14:30~18:30 4時間 受付 14:00~
1月17日(日) 09:00~16:00 6時間 (休息1時間)
◆会場
株式会社エマージェンスケア910
◆参加費
2日間 17,000円(税込)
◆お申込み
①氏名②所属③職種④経験年数⑤懇親会参加・不参加⑥TELNo.(メール不可の方)を添えてメールまたは電話にてお申込みください。Mail:toiawase@e-care910.com
◆事務局
株式会社エマージェンスケア910
TEL:0985-78-0910 Mail:toiawase@e-care910.com
HP:http://e-care910.com/
担当:綾塚庸介(あやつかようすけ)

*受講料は事前お支払となります。申込みいただ方へ振込先をご連絡いたします。受講者のご都合による 1か月以内のキャンセルに関しましては運営上全額返金に応じられませんのでご理解の上お申込みください。
     

2015年

10月3日~4日
「膝運動機能障害に対する実践的評価と治療」
                        パンフレット
◆講師
新潟医療福祉大学 亀尾徹先生
◆内容
亀尾徹先生をお招きし、今回はいつもと少し流れを変化させ、クリニカルリーズニングを説明するだけではなく、評価項目それぞれの意義、目的などを講義にて提示しそれを踏まえた上で演習を行う形式にしたいと思います。
講義が終了した段階で、ボンヤリしていたクリニカルリーズニングの臨床応用が少し具体化するような仕組みで講義を進めてくださいます。
これまで宮崎で行ってきた研修会よりも実技に時間をかけて、さらに受講される皆様どうしでディスカッションする時間を取りながら進めてみます。
非常に興味深い内容になりそうです!

     
9月5日~6日
「呼吸器を運動器として捉えた理学療法」、「胸郭運動システムの再建法」
                        パンフレット
◆講師
文京学院大学 柿崎藤泰先生
◆内容
胸郭は酸素を体内に取り組み、二酸化炭素を体外に排出する際に関与する呼吸器官です。
また近年、直接的にまたは間接的に肋骨に関与する筋の活動により脊柱のアライメント変化を来し、体幹機能に影響を与えることが研究にて徐々に明らかになってきました。
単に胸郭は呼吸器官としての機能を有するのではなく、運動器官としての側面も存在する可能性が出てきたのです。
これは呼吸器疾患や運動器疾患、中枢疾患に対し理学療法を展開する際に問題となりやすい体幹機能を再建するうえで、有効に利用できる運動器官といえるものと考えます。
今回講習では運動器としての胸郭の捉え方や胸郭の運動機能の再建方法についてTopicsを交えて解説致します。

3月14日~15日
こけら落とし研修会第一弾:Patient centered clinical Rehabilitation
- 13 年 間 の 軌 跡 -  
                           パンフレット
臨床で何を目標に進めば良いのか分からなくなっているあなた。5 ~ 10 年後の具体的なビジョンが持てない方に必見!現在活躍している各分野でのトピックスをテーマに講演頂きました
◆プログラム
「 食事 ~ 食事 嚥下 口腔内 へのアプローチを中心に ~ 」
長瀬泰範氏 潤和会記念病院/ リハビリテーション療法部 活動分析研究会宮崎支部代表

「 近年の脳画像研究から考えるこれからの ニューロリハビリテーション 」
玉莉誠氏 福岡国際医療福祉学院  国際医療福祉大学大学院

「 運動器の痛み ~ ペインリハビリテーション 」
齊藤貴文氏 麻生リハビリテーション大学校 九州大学大学院人間環境学部 行動システム専攻修士課程修了

「 局所から全身を整える臨床と理学療法の啓蒙 」
谷口剛俊氏 伊勢原たかはし整形外科 リハビリテーション科科長 日本理学療法士連盟青年部埼玉代表
    

EMERGENCE CARE 910 CO., LTD.エマージェンスケア910

〒880-0125 宮崎市大字広原296-1
TEL 0985-78-0910
FAX 0985-78-0911
メール toiawase@e-care910.com